26歳でプロ野球「戦力外」の男がつかんだ奇跡

海を渡った中後悠平は夢舞台への扉を開いた

中後悠平。屈辱の戦力外通告、そしてトライアウトの惨敗から見事に這い上がってみせた
18.44mを隔てた戦いは、なぜここまで人の心を揺さぶるのか――。
華やかなプロ野球の世界。活躍した選手には名誉と莫大な報酬がもたらされる。一方で、競争に敗れ、表舞台から去りゆく選手がいる。そんな「戦力外通告」を受けた選手をドキュメンタリーで描いてきたのが、TBSテレビ「プロ野球戦力外通告~クビを宣告された男たち」が、12月30日(金)10時から通算13回目の放送を迎える。
今年の放送を控え番組にかかわるサイドストーリーの第2回は、2016年のトライアウトから、意外な格好で復活を遂げた男のストーリーをお届けしよう。
今年の第1回はこちら⇒プロ野球『戦力外』あの松坂世代に訪れた現実

「お前自身があきらめるな!!」

今年8月3日、朝6時。カリフォルニアのだだっ広いハイウェイを、真っ青な空の下、レンタカーでぶっ飛ばして空港へと急ぐ。睡眠2時間で明らかに目は充血していたが、中後悠平のテンションは高かった。日本から持って来ていた曲をフルボリュームで流す。

「これ、いい曲っすよ」

そう言って選んだのは「Don’t Give Up Yourself !!」(HAN-KUN)、かつて千葉ロッテ時代に自身が登場曲として使用していたもの。まさに中後の今の心情そのものだ。

本気になっちゃって
いっちょツッパしてこうぜ未来
誰かの後付いてっても変わらない
信じるか否かは己次第さ!!
Don’t Give Up Yourself !!
本気になっちゃって
いっそ全部変えちゃうくらいの夢を持って行け

向かう先は900キロ離れたユタ州ソルトレイク。10カ月前に日本のプロ野球で戦力外になり人生のドン底にいた男が、メジャーリーグの一歩手前、3Aに緊急昇格を果たした。「いっそ全部変えちゃうくらい」の夢物語が目の前でまさに起きようとしていた――。

2015年の年の瀬。風物詩ともなったテレビ番組「プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達」で映し出された中後の姿はあまりにも無惨だった。

一縷の望みを託して受けたトライアウトのマウンド。打者3人に対し、四球、死球、死球と、アウト1つすら奪えずに降板。カメラを向けるには残酷すぎる結末に「絶対結果を残さないといけないところでいちばん悪い結果になりました。やっぱり情けないし、悔しいし。これが僕の限界です…」と、ただただ俯くしかなかった。

次ページだが、輝きは一瞬だった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GW10連休は<br>分厚い本を読もう

長い休みには、普段は手が出ない分厚い本、時間をかけて咀嚼が必要な本を読むのはいかが。本誌の書評者など12人が「自分が読み返したい本」「読者にお薦めの本」を選書。さらに「これから読みたい本」も。 ピンときたら、いざ書店へ!