子どもを褒めない親は「見る目」がなさすぎる

どんな子もやる気になる「目から鱗の褒め方」

子どもの作文を読んで「月並みでつまらない作文だ」と思っても、「もっとよく考えて、工夫して書きなさい」などと言ってはいけません。まずは、褒められる部分を見つけて、「カギかっこを使って会話が書けたね」「ここの書き方はいいね。驚いたときの気持ちがよくわかるよ」などと褒めます。それで終わってもいいですが、もう少し指導したいと思ったら「このとき○○君はどんな気持ちだったかな」などと聞いて、子どもが答えたらそれも書かせるようにします。

勉強以外でも同じです。子どもの描いた絵を見て「下手だなあ」と思っても、そんなことはおくびにも出してはいけません。全体を漠然と見るのではなく、部分に注目すれば「夕焼け空の色がきれいだね」「たくさんの色が使えたね」「小鳥がかわいらしく描けたね」「このライオンは迫力があって今にも動き出しそう」などと褒めることができます。

子どものサッカーの試合の後も、結果はどうあれ、まずはよかった部分を見つけて褒めます。「最後までよく頑張ったね」「すばらしい声が出てたね」「○○君へのスルーパスがドンピシャだった。しびれたよ」「前半終了直前のコーナーキックはプロ並みだったよ」などと褒めてあげましょう。

短所だけ見つけ出してしかってもうまくいかない

子どもの性格や行動についても同じです。たとえば、次のような子がいたとします。だらしがなくて、やるべきことをやらない。やりたいことだけやって、嫌なことは後回し。何度注意しても直らない。勉強は全滅で、運動も音楽も図工も体育も苦手。このような子どもの短所ばかりに注目して、しかって直そうとしてもまずうまくいきません。短所にはあえて目をつむり、褒められる部分を見つけ出して褒めることが大切です。どんな子でも、褒められる部分は必ずあります。その子のすべてが丸ごと全部ダメなどということは、絶対にありません。

たとえば次のような部分があるかもしれません。いつも元気でエネルギーにあふれている。にこにこしていて笑顔がすばらしい。人を笑わせるのがうまい。面白い遊びを思いつく。人と違う発想ができる。好きなことには時間を忘れて没頭できる。周りに影響されることなく自分のペースで行動できる。口笛がうまい。手先が器用、などなど。このような部分を見つけ出して褒めてあげられる親なら、子どもは伸びます。でも、実際は、褒められる部分には目をつむって、短所だけ見つけ出してしかっている親がほとんどです。

ところで、あるとき私はこういう光景を見ました。ある母子が新幹線の駅ビルの書店の前を通りかかったとき、子どもが「本、見たーい。買いたーい」とごねはじめました。普通なら「いま急いでるでしょ。わがまま言わない!」となるのですが、そのお母さんは、まず「あなたは本好きだもんね」と子どもを褒めました。そして、歩きながら「本好きだから、本をたくさん読んで、言葉もたくさん覚えたもんね」と褒め続けました。その後で、「でも、いまは無理だからごめんね、この次にしようね」と言うと、子どもはごねるのをやめて、ニコニコしながら付いていきました。私は実にすばらしいお母さんだと感じ入りました。

次ページ子どもだけでなくあらゆる相手・状況において効果的!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。