最愛の夫失ったFB幹部を救った「別の生き方」

サンドバーグ氏を導いたオプションBとは

そして10日後に仕事に復帰すると、職場は彼女がより「自分らしくいられる場所」であると気がついた。同僚たちの優しさは、その時点の彼女の生活におけるすばらしいところを思い出させてくれた。そこで彼女は、悲しみが必ずしも、自分の生活すべてに影響を及ぼすものではないと理解するのである。

しかしなかなか取り除くことができなかったのは、悲劇の「余波」が永遠に続くという思い込みだった。

日々に「喜び」を見いだす方法

「何カ月もの間、何をしていても、身をすり減らす苦悩がいつもそこにあると感じていました」と彼女は書いている。「これまでに悲劇を通り抜けてきた人たちのほとんどが、時とともに悲しみは癒えると私に言いました。私はそれを信じていませんでした」。

サンドバーグ氏はこのかたくなな思い込みを、レジリエンスを鍛え上げることで乗り越えた。彼女は、レジリエンスの「筋肉」は、2つのものに置き換えられたと指摘する。それは、感謝と喜びだ。そして、それが彼女の悲しみを癒やしていく。

ここでは、喜びを認識するために、グラント氏の指導により、毎日3つの喜びの瞬間を書き留めるエクササイズに取り組んだ。当初サンドバーグ氏は、小さなことを書いた。「コーヒーを飲んだ。おいしかった」。しかしその後、彼女はベッドに入るまでの、その日に起きた、より意味のあることを書くようになっていく。

このことについて、サンドバーグ氏はビジネスインサイダーにこう語っている。

「デイブが亡くなる前は、私は毎晩(その日)何がいけなかったか、そして翌日はどんな失敗をするかを心配しながらベッドへ向かっていたと気づきました。私は十分に生活し切っていなかったのだと思います。その日に感謝し、喜びを探し出そうとはしていませんでした。今では、私はそうしようとしています。毎日とは言えませんが、日々、感謝して喜びを探し出そうとしています」

フェイスブックという大手企業のCOOにまで上り詰めたサンドバーグ氏を尊敬する女性は米国には数多くいる。が、この本のサンドバーグ氏は良い意味でもっと「人間的」で、正直だ。男女問わず、読者に対して同じ目線の高さから語りかけている。

次ページ『オプションB』に救われた人も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT