昼休みにバレる!「永遠に残念な人」の3欠点

「食べすぎ」「友達いない…」あなたは大丈夫?

これまで、二流に転落したランチタイムの過ごし方について、口を酸っぱくして忠告してきた。それでは、一流のランチタイムの過ごし方とは、いったいどのようなものなのだろうか?

「一流のランチタイム」3つのポイント

これまで述べてきた3条件に加え、一流のランチタイムの過ごし方とは、以下の要件を満たしている必要がある。

【1】一流の人ほど「健康志向」

私が共に働く世界中のグローバル・エリートたちは、ランチタイムを「自らをさらに健康にする戦略的時間」と位置付けている。

食べるのはもちろん、冒頭で申し上げたアボカドサラダだ。トッピングで1ドル多くかかろうが、アボカドを大量に消費して体の抗酸化ケアに余念がない。

また、炭水化物は極力カットして、ブクブク太ることを避けるのみならず、食後にぐっすりすやすや、眠りこけることもない。

さらに、30分くらい散歩して運動量を確保したりジムのプールに行ったりと、とにかく食べるにせよ、カロリー消費するにせよ、ランチタイムを挟んでずいぶん健康に生まれ変わって、はつらつと働いてくれるのである。

【2】ランチタイムにも「主体性」を発揮する

そもそも一流の人は、「ランチタイムはこう過ごさなければならない」などという記事の内容など気にしない

お腹が減ったらご飯を食べたらいいし、別に疲れていなくて仕事がのってきたら、仕事を続けたらいい。仕事に根を詰めて疲れているなら、オンラインゲームでも漫画でも楽しんで、自由に休めばいいのである。

会社の人がつるんで皆でランチを食べに行っていても、自分にもっと優先順位の高いことがあれば、自分でその過ごし方を決めればいいのだ。

一流のランチタイムの過ごし方とは、とりもなおさず、周囲の雑音に惑わされず、自分にとって優先順位の高いことを主体的に行えるかどうかにかかっているのである。

次ページそして「最後のポイント」は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT