日本一のネット市長が創る、スマートな市役所

新世代リーダー 熊谷 俊人 千葉市長

だが、ふと気づくと、28歳。30歳はもう目の前だった。「これでいいのか――」。2005年、郵政民営化関連法案が成立、自民党の小泉純一郎政権が「自民党をぶっ壊す」と言って、改革の旗を振っていたときだった。

迷った揚げ句、政治家を目指す若者を養成する「一新塾」の門をたたく。1994年に大前研一氏が創設したこの塾は、ネクストリーダーの養成学校としても知られ、政治家はもちろん、社会企業家を志す人など、多種多様な人材が集う場所だ。平日夜間や土日で働きながら学ぶことができる。しかも、学ぶというよりは「とにかく、実践を重んじる場所で、政治家の基本を教わった」。民主党の公募に通り、2007年に市議選へ挑戦。関西出身で「地盤、看板、かばん」がない熊谷は、見事トップ当選。1期目から注目を浴びる存在になった。

「千葉市のパワーを、もっと引き出す」。熊谷はどこまでも意欲的だ

そして2009年4月。市議になって2年が経過していたが、熊谷の人生を大きく変える出来事が起こる。2001年からほぼ2期市長を務め、引退を表明していた鶴岡啓一市長が、収賄容疑で逮捕されたのだ。地方自治体のトップは、元来旧自治省(現総務省)出身者が強い。千葉市も、その典型例だった。

鶴岡氏の前任である松井旭氏などは、自治省から千葉市役所の幹部に転じ、6期24年、市長を務めた。行政マンが、組織の内部から昇格して、トップに就くという構図は、安定はする。だが、どうしてもしがらみができやすい。「市役所の代表」が、「市民の代表」たる市長に就任することが当たり前になると、市民との距離はなかなか近くならない。千葉市は、平成バブル崩壊に伴う開発の失敗から抜け出せず、政令指定都市の中では、最悪の財政状況だった。「変えるというよりは、このままだともたない。変えるしかない」。しかも、もっと千葉市の潜在力を出せるはずだ」。

次ページ人間を取り替えるのではなく、組織の方向性を変える
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。