あなたの精子を守るための10カ条

自転車の乗りすぎ、禁欲には要注意!

 世界で広がる不妊症。中でも“晩産化”が進む日本の状況は深刻だ。今や男の10人に1人が精子に問題を抱える時代。男も不妊とは無縁ではない。世界のカップルを悩ます不妊症、その最前線を追った(この連載は、週刊東洋経済2012年7月21日号「みんな不妊に悩んでる」を加筆修正したものです)。
シアトルの精子バンクは、電気自転車で精子を運ぶ(写真:ロイター/アフロ)

精子は思わぬところでダメージを受けている。男性不妊の専門医のアドバイスや、国内外の研究結果を基に、あなたの精子を守るための、10カ条を紹介する。

長風呂、サウナにリスクあり

1) 禁煙

喫煙が生殖機能に及ぼすマイナスの影響については、これまでに多くの報告がなされている。喫煙は勃起不全(ED)の原因となる。さらに、精子形成にも異常を及ぼし、精子の運動性を低下させたり、異常な形態をした精子の出現頻度を高める傾向がある。運動性の低い精子や異常な形態の精子は受精能力が低いため、男性不妊の原因になる。また、受精に成功したとしても、流産や先天性疾患に関するリスクの上昇が懸念される。

2) ブリーフよりもトランクス

英マンチェスター大学と英シェフィールド大学の共同調査によると、ボクサーパンツなどタイトな下着をはいている男性の精子数は、そうでない男性より少なかった。ブリーフでは体温がこもり精巣の温度が上昇しやすい。温度上昇を避けるには、通気性のよいトランクスがお薦め。

3) 飲酒は適量に

二日酔いになるような過度な飲酒は、精子形成にマイナスの影響をもたらす可能性があるので、避けたほうがよい。適量の飲酒であれば問題はない。

4) 長風呂、長サウナは控える

精巣付近の温度が高いと精巣の機能が衰えてしまうので、あまり長く風呂につかりすぎないほうがいい。高温のサウナも精巣を熱にさらすことになってしまう。熱くなったサウナのいすに座ると精巣の温度がますます上昇してしまうので、要注意。

5) 自転車・バイクに乗りすぎない

サドル先端部分による会陰(えいん)部の圧迫、肌に密着したトレーニングウエアによる体温上昇などが、生殖機能へ影響を及ぼす可能性が指摘されている。自転車がEDを招くリスクを報告する研究も多い(詳細は122ページ参照)。自転車やバイクに乗りすぎるのは避けたほうがいいだろう。

次ページ膝上でノートPCはNG
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
保険の罠<br>いらない商品すべて教えます

医療保険、がん保険、介護保険、認知症保険、終身保険、貯蓄性保険、外貨建て保険、変額保険…。あなたは不要な生命保険に入りすぎていないか? 長い人生を考えたとき、役立つのは実は保険より貯蓄。ムダな保険の断捨離の仕方を教えます。