重度のアトピーにも有効「注射治療」の実際

ヒスタグロビン治療を知っていますか?

左が治療後1か月後、右が治療前。ヒスタグロビンを1クール行った女性は、腫れて太くなった指がほっそりと、乾いてゴワついていた皮膚がしっとりとしてきたという(提供写真)

アトピー性皮膚炎の治療にはステロイドが主に使われているが、悪循環を繰り返しがち。最近、注目を集めている“アレルギーを抑え込む”というヒスタグロビン注射とはどんな治療なのか? 2人の医師に話を聞いた。

すべての“即時型アレルギー”に効果がある

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

「アトピー性皮膚炎は注射で治ります」と話すのは医師の小林裕史先生。自身も重度のアトピー性皮膚炎で腕や脚、頭部の炎症がひどく、真夏でも長袖・長ズボンでできるだけ肌を出さないようにしていたという。

「毎朝、枕カバーに滲出(しんしゅつ)液がにじんでいました。繰り返す炎症に手を焼いていたところ、アメリカで医師をしていた友人に、アメリカではヒスタミン加人免疫グロブリン製剤を使っていると教えられたのです。日本では『ヒスタグロビン』という製剤があると知り、さっそく試してみたら、みるみるよくなって治療後25年たった今もまったく症状が出なくなりました」(小林先生)

ヒスタグロビンとは、どのような薬なのだろう。

「アトピー性皮膚炎にはステロイドの外用薬や飲み薬を処方するのが定石ですが、ステロイドには炎症を抑える効果しかありません。それに対してヒスタグロビンは、アトピー性皮膚炎のほか、花粉症や喘息、食物アレルギーなどの“即時型アレルギー”と呼ばれるものすべてに効果があります。ヒスタグロビンは体内に入ったアレルゲンの周囲に防御壁のようなものを作り、アレルギー症状を起こす物質を放出できなくするからです」(小林先生)

次ページヒスタグロビンは皮下注射
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT