「新任管理職」のリアルな悩みに答える一冊

書評:『課長ビギナーのFAQ』(佐々木常夫著)

課長、マネジャー、チームリーダー、主任・・・・・・「管理職」と呼ばれるポジションには独特の難しさやジレンマがあり、抱える悩みも多い。本書は、会社の中で初めてそういった地位に就くことになった人のための回答書だ。課長をはじめ、「管理職ビギナー」には数々の示唆に富んだ1冊といえる。

カリスマ上司が質問に答える

著者は、株式会社東レ経営研究所特別顧問の佐々木常夫。『そうか、君は課長になったのか。』『働く君に贈る25の言葉』(WAVE出版)などの著書で知られる、いわば“カリスマ上司”だ。本書は、さまざまな企業の課長にアンケートを行い、そこで寄せられた悩みに対して、著書が自らの経験も踏まえて答える形式になっている。

紹介される悩みは「ヒラ社員と管理職、何が変わりますか?」といった基本的なものから「年上の部下とうまくやるコツはありますか?」などのリアルなものまで多種多様。

まずは1章で課長の心構えと仕事を効率化するための仕事術について、2章では部下のマネジメント術について紹介される。そして、最後の3章で部下と信頼関係を築き、部長や本部長といった上司を味方につけるためのコミュニケーション術についてアドバイスが展開されている。

次ページ課長の仕事は4つある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。