未婚男が割を食う「バツあり男」の再婚事情

初婚女を狙うのは余っている男だけじゃない

日本の結婚は再婚者によって支えられている

今回は、その再婚事情について少し詳しく掘り下げてみたいと思います。婚姻数が減り続けていることは、みなさんご存じのとおりです。ピークは1972年、109万9984件の婚姻数が最大でした。それ以降は減り続け、2015年には63万5156件まで激減しました。

この婚姻数とは、初婚数と再婚数を合算した数字です。初婚同士の婚姻に限ると、1972年に約98万件で最大値を記録していますが、2015年には約46万件と半分以下になっています。

その一方で、再婚数を同じタームで比較すると、1972年の12万件から、2015年の17万件と、1.4倍になっています。婚姻全体に占める再婚の割合も、11%から27%へとほぼ3倍に増えています。言ってみれば、日本の婚姻数は、再婚者によって支えられているわけです。なお、再婚数が増えているのは当然離婚数が増えているからです。

再婚の組み合わせは「再婚同士」「再婚夫×初婚妻」「初婚夫×再婚妻」の3種類に分けられます。組み合わせ別の再婚件数を時系列でみると、1960年には「再婚夫×初婚妻」の組み合わせは5万4168件と、再婚件数の50%を占めていました。「バツあり男が、若い初婚の女性と再婚する」のが大多数だったわけです。しかし、やがてこの組み合わせは、件数も比率も減少。1986年には4万2500件と最小値となり、「再婚同士」の組み合わせにいったん抜かれます。ですが、その後1993年にはまた「再婚同士」を抜いてトップに返り咲いて、以後2006年には7万件を突破しています。

次ページ初婚夫×再婚妻も増えている!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT