課金スマホゲームで失敗しない親と子の心得

「ガチャ」の当たる確率を知っていますか

思わぬ出費にならないために(写真:xiangtao / PIXTA)

「モンスターストライク」(通称、モンスト)。「パズル&ドラゴンズ」(通称、パズドラ)と並んで、代表的なスマホゲームの1つです。一時ほどの爆発的な勢いは薄れましたが、ロングヒットしているタイトルで、中学生になった私の息子ものめり込んでいます。

そんなモンストが、「幽☆遊☆白書」とコラボをしているというテレビCMが目に止まりました。「幽☆遊☆白書」は冨樫義博さんの原作で、『週刊少年ジャンプ』(集英社)に1990~1994年に連載されていた漫画。テレビアニメ化もされました。当時、私は小学生でした。

漫画の連載は20年以上前に終わっているにもかかわらず、今のこのタイミングにモンストがコラボしたのは、青春時代にこの作品に慣れ親しんだ大人をターゲットにすることで、そのお子さんも含めた需要が取り込めたり、ブランディングになったりするという狙いがあるのでしょう。

懐かしさについ購買意欲が湧いてしまう!?

消費者の購買意欲が湧くようにノスタルジーの要素を取り入れるのはマーケティングでは有名な話です。懐かしい味、懐かしい景色、懐かしい音――。特に学生時代のモノとなればより強いノスタルジーを感じるものです。幽☆遊☆白書やエヴァンゲリオンなど、懐かしい昔のアニメとのコラボを知り、それを機に親子で同じゲームを始めた方もいらっしゃるくらいです。

私の息子は、幽☆遊☆白書のストーリーを知らないのですが、コラボで手に入るキャラクターが強いことはわかっているため、「スマホゲームにおカネ使っていい?」と聞いてきました。

「ダメよ」。この手の質問に、私はいつも即答してしまっていましたが、息子やママ友などに聞くと、子どものコミュニティでは「強くないと仲間に入れてもらえない」という問題にまで発展するケースもあると聞きます。子どもから見れば強いキャラクターを使いたい。親からすれば懐かしいキャラクターでもあり、ついつい許してしまいたくなりました。

次ページ自分の欲しいキャラクターはどれぐらいの確率で手に入る?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT