生中継が生んだ「稼ぐ21歳アイドル」の素顔

年収1億円を超えるパフォーマーもいる

毛毛の生中継は午後8時ごろから始まる。8時ごろというのは、きっちりと開始時間が決まっているわけではなく、準備が整ったら、ただ、なんとなく始まるのだ。そこが時間にルーズな中国らしい。本番が近づくと化粧が始まる。

つけまつげに、カラーコンタクト、下まつげはアイライナーで描き足されている

パソコンのデスクに座り、つけまつげをしてマスカラを入れれば、目力が増してグッと色気が出る。そのときは白いカーディガンを羽織っていたが、着ていたのは細い肩ひもで吊られ、胸の谷間がちらっとのぞくあたりから始まる紺色のワンピース。体のラインにぴったりと密着し、腰のあたりからは白い幾何学模様が入りショートのキュロットスカートのようになっている。

「あとどのくらいで着替えるの?」

まるで鏡の中の自分に向かって話しかけているかのよう

毛毛がデスクに向かってパソコンをいじっていたかと思うと、いつのまにか本番が始まっていた。始まったと言っても、側から見ていてわかるような何か大きな変化が起きたわけではない。毛毛が「お酒飲んでいるの」とか、視聴者のアカウント名を呼んで「**さん、ありがとう」などと、パソコン画面に向かって話しかけているだけだ。

毛毛が見ているパソコン画面には、彼女自身が映っているから、まるで鏡の中の自分に向かって話しかけているようだ。鏡と違うのは、その画面上に白い文字で視聴者からのメッセージが次々と流れてくる点だ。「あとどのくらいで着替えるの?」「バスケットボールは好き?」等々。彼女はそうしたメッセージに答えているのだ。

毛毛は、パソコン画面に向かって、時折、笑い声をあげたりしながら、独り言のような「会話」をしていたが、しばらくすると「踊りが見たいの!?」と明るい声を上げて立ち上がった。音楽のボリュームを上げ、座っていたいすを部屋の隅に追いやる。さらにカメラの位置を調整して、1、2歩下がるとパソコン画面とその上についたレンズに向かって踊りだした。

生中継でダンスを披露する毛毛

服の上からでもわかる毛毛の細くくびれた腰がアップテンポの音楽に合わせてクネクネと左右に動く。キュロットスカートから伸びた太ももとステップを踏むはだしが、まぶしい。半開きの唇を歌詞に合わせるようにわずかに動かしながら、微熱があるかのような潤んだ視線をカメラに送ると、狭い中継部屋には毛毛の放つフェロモンが充満した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT