iPhoneのトラブルを速攻で解決できる裏技

実は「純正サポートアプリ」が秀逸すぎる

iPhoneやiPadに不具合が起こったときは、アプリ「Appleサポート」を利用しよう(筆者撮影)

一般的な携帯電話やスマホとは異なり、iPhoneのサポートは大半をアップルが担当している。電話でのサポートに加え、大都市圏に開設されたアップルストアのジーニアスバーでもトラブルの相談などができる。修理については、アップルストアだけでなく、ビックカメラやカメラのキタムラ、クイックガレージなどのアップル正規サービスプロバイダーが実施しており、拠点が全国に広がっているのが魅力だ。一部キャリアショップも、アップル製品の修理を行うようになった。

とはいえ、故障かどうか見分けるのが難しいケースでは、まずはメーカーに相談するだろう。リセットやアプリの削除などで改善する症状もあるからだ。このようなときに便利なのが、サポートアプリ。プリインストールはされていないが、このアプリ、実はアップル純正。不具合のある個所や質問に答えていくだけで、最適な窓口を案内してくれる。ここでは、その使い方やアップルストアならではのサポートの裏技を紹介していこう。

1.修理の予約までアプリで行える

この連載の一覧はこちら

サポートアプリは、「Appleサポート」という名称で、App Storeからダウンロードできる。「Apple サポート」などのキーワードで検索すれば、すぐに見つかるはずだ。アップルのサイトにも同じ機能はあるが、アプリのほうがサポートを受けるまでの手順が整理されており、使い勝手がいい。iPhoneのサポートを受けるなら、やはりiPhoneがいいというわけだ。iPhoneユーザーなら、ダウンロードしておいて損はない。

アプリを開くと、まずApple IDとパスワードを聞かれる。これを入力すると、製品登録済みのアップル製品がずらりと並ぶ。筆者の場合、操作している「iPhone 7」のほかに、「iPad Pro」や「Apple Watch」などが並んだ。ここから、サポートを受けたい製品を選択する。すると、「バッテリー、電源、および充電」や「システムパフォーマンス」「モバイルデータ通信およびWi-Fi」など、トラブルシューティングしたい項目が現れる。ここから、iPhoneの症状に合わせたものを選択すればよい。

次ページどのような対応策が提示されるのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT