新経済サミット、「勝った起業家」は誰なのか 対抗ピッチコンテストは熱気にあふれていた

✎ 1〜 ✎ 30 ✎ 31 ✎ 32 ✎ 最新
拡大
縮小

ピッチで競い合う起業家を推薦した参加機関は、ベンチャー支援や国際イベントですでに一定の成果を上げている以下の団体です(新経済サミットのホームページ等の要約)。

参加したエコシステムビルダーは11団体

【Infinity Ventures Summit】IT業界の国内外の経営者や経営幹部を対象とした国内最大級の招待制カンファレンスで、わが国のエコシステムビルダーの草分け的な存在。IVS LaunchPadは、スタートアップが世界に羽ばたく場の提供をビジョンに創られたピッチイベント。

【Samurai Island Expo(サムライインキュベート)】「できるかできないかでなく、やるかやらないかで世界を変える!」わが国の民間インキュベーターの先駆け、つねに挑戦する若者を引き付けるサムライインキュベートが開催する大規模なスタートアップイベント。

【Monthly Pitch(サイバーエージェント・ベンチャーズ)】サイバーエージェント発のベンチャーキャピタルによるピッチイベント。全国の起業家がベストタイミングで効率的な資金調達を実現することを目指し、毎月開催。

【国家戦略特区「グローバル創業都市・福岡」(福岡市)】スタートアップをテーマにした国際戦略特区を実現。地域のロールモデルづくりを目指す。高島宗一郎市長の強力なイニシアチブの下、専門チームがスタートアップカフェをはじめ多様な事業を展開。天神の小学校跡地に複合的な創業支援施設をオープン。

【KOBE INNOVATION ECOSYSTEM(神戸市)】日本で初めて、シリコンバレーの著名アクセラレーター「500 Startups」のプログラムを誘致。国内外からの精鋭起業家が参加するスタートアップ育成プログラムを提供。イノベーションを生み出す街を目指し矢継ぎ早に最先端プロジェクトを実施。

【大阪イノベーションハブ(大阪市)】関西を中心にイノベーションの起こるエコシステムを構築することを目指し、イベント、ピッチ、セミナー、ワークショップ、メンタリングなど多彩な事業を推進。大阪駅前の好立地で事業を展開中。

【Slush Tokyo】フィンランド発の世界最大級のスタートアップイベント。夢をつかもうとする国内外の才能あふれる若手人材と、世界的な起業家、投資家、経営者、ジャーナリストが出会い、スタートアップ・エコシステムの土壌を育むコミュニティを創出。

【Tech in Asia】東南アジアで最も成長しているテックメディア。毎年アジアの4拠点(日本、シンガポール、インドネシア、インド)で世界最大級のテックイベントを開催。

【Morning Pitch(トーマツベンチャーサポート)】ベンチャーと大企業の事業提携を目的とするプラットフォーム。毎週木曜日の朝7時からピッチイベントを開催し、累計180回超、登壇企業900社超。早朝から起業家と大企業新事業担当者の熱気があふれる名物イベントに発展。

【未来2017(Incubation Innovation Initiative)】日本総研と三井住友銀行を中心に設立された多業種コンソーシアム(TOYOTA、NEC、関西電力なども参加)のIncubation Innovation Initiativeが実施するアクセラレーションプログラム。すべての産業を対象にスタートアップを育成。

【始動 Next Innovator 2016(経済産業省)】シリコンバレーを訪問した安倍晋三首相が発表した「シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクト」の一環として、日本のイノベーションを担うキーパーソンを育成。若手起業家やベンチャー支援人材、大企業で新事業開発を担う人材等を公募・選抜し、国内研修をしたうえで、優秀な人材をさらに選考してシリコンバレーに派遣。

次ページエコシステムビルダーが推薦した起業家は?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT