成長ベンチャーが日本経済を発展させていく

第3回ベンチャー大賞を受賞したのは?

第3回「日本ベンチャー大賞」の受賞者が決定した
2月20日、日本ベンチャー大賞の表彰式が首相官邸で開催されました。内閣総理大臣賞は、ロボットスーツのサイバーダイン。経済産業大臣賞にプリファードネットワークスとファナック(ベンチャー企業・大企業等連携賞)、ナノエッグ(女性起業家賞)、農林水産大臣賞にアーマリン近大(農業ベンチャー賞)など、社会インパクトのある企業が多数の応募の中から選ばれました。本稿では、受賞企業の概要を説明します。

 

この連載の一覧はこちら

首相官邸の大ホールで、安倍晋三総理大臣、世耕弘成経済産業大臣、山本有ニ農林水産大臣の出席のもと、日本ベンチャー大賞の表彰式が開催されました。

日本ベンチャー大賞は、果敢に新しい事業に挑戦し、企業を成長させたベンチャー経営者を表彰することで、未知なる事業に挑戦することの魅力を多くの人に知ってもらう、という安倍総理のイニシアチブで始まっています。

第1回はユーグレナ、第2回はペプチドリーム

第3回となる今年の内閣総理大臣賞はサイバーダインが受賞しました。第1回のユーグレナ、第2回のペプチドリームに続く技術開発型ベンチャーの受賞です。

表彰式の冒頭、安倍総理からは「革新的な技術をきっかけとして、社会を変えていく。こうした役割を、ベンチャー企業に期待しています。サイバーダイン社をはじめ、今回受賞された皆様に「新しい力」となっていただき、多くの起業家に後に続いていただきたい」との言葉がありました
表彰式の模様は首相官邸ホームページで)。

受賞企業のプロフィールは次のとおりです。

次ページロボットスーツのサイバーダイン
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT