マセラティと「三つ星シェフ」の美味しい関係

わざわざクルマで行って食べる料理は格別だ

ジュネーブ自動車ショーで話題になったのが3つ星シェフのデモストレーション。クルマと社会の交差点にある「クルマ文化」にストップかゴーの判定を下す好評連載。今回のテーマはクルマとフードのおいしい関係について。

アドリア海から吹く風

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

さる3月にスイス・ジュネーブで開催された国際自動車ショー。今年も数かずのニューモデルが話題になったが、もうひとつ、ぼくには興味ぶかい“展示”があった。

クルマというより、メーカー自身のコンセプト展示というべきか。イタリアのマセラティが、世界的に高名なイタリア人シェフを自社で用意した展示ブースに連れてきたのである。そのひとはマッシモ・ボットゥーラ。マセラティが本社を置くモデナに店を構える「オステリア・フランチェスカーナ」のシェフだ。

同レストランはイタリア版ミシュランの3つ星を獲得し、さらに世界中の料理ジャーナリストの有志が選ぶ「The World’s 50 Best Restaurants」でも2016年度は、その1位に輝くなど評価は高い。

マセラティが披露したコンセプト展示は、ボットゥーラ料理長がみなの前で料理を作るというユニークな内容だった。ぼくのこれまでの経験からいって、自動車ショーでのこういうデモストレーションは過去に記憶がない。このとき作られた料理のひとつが「レヴァンテ」と名づけられたリゾット。マセラティのSUVの名前を使ったものだ。

次ページクルマと相性のいいレストランは、まだまだ日本各地にある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT