1500馬力!ブガッティ「シロン」に乗ってみた

時速100kmまで2.5秒以内の超絶加速

ブガッティの新世代ハイパーカー「シロン」をついにテスト! 最高出力1500ps、0-100km/h加速2.5秒以内というこのハイパー・ブガッティを、西川淳はどう感じたか?

ブガッティのオーナーとそれ以外

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

ところはリスボン。パラシオ・ド・ゴベルナドール ホテルのディナールームでのことだ。ブガッティ・オートモビルの社長、ヴォルフガング・デュルハイマーを囲んで、イギリス人ジャーナリストが3人と日本人のボク。そしてチーフデザイナーや開発ドライバー、シャシー設計責任者、そして広報担当マネージャーも同席していた。

デュルハイマーは、長年、ポルシェの研究開発部門を率いてきたカーガイ・エンジニアであり、現在、ブガッティとベントレーの両社のトップであり、またVWグループのモータースポーツ活動の責任者をも務めている。月曜はドイツ・ヴォルフスブルクでモータースポーツ、火曜はブガッティ、水木金は英国クルーのベントレーの業務をこなし、週末はモータースポーツイベントに赴くといったていで、そんな多忙をきわめる日々のなかポルトガルに来ていた。

ディナーの席上で、デュルハイマーは、こんな小話を披露した。

「ベントレーの顧客は、一流のブランド品を身につけて、5つ星ホテルへ行き、3つ星レストランで食事をする。ブガッティのオーナーは、オートクチュールを身につけ、所有するリゾートホテルへ行き、専属シェフの食事を楽しむ。完全に、違うんだ」

そう、ブガッティのオーナーとそれ以外とでは見えている景色が違う。住む世界が違う。かつて、デュルハイマーはこうも表していた。

「ベントレー・オーナーの平均所有台数は8台。ブガッティ・ヴェイロンのオーナーの場合は約80台。おまけにプライベートジェットとヨットを世界各地に持っている」

次ページビリオネアたちを狂喜乱舞させる驚愕のスペック
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 30歳とお金のリアル
  • はじまりの食卓
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スタバvs.コメダ<br>知られざるコーヒー頂上決戦

米国シアトル発でスタイリッシュなスターバックスコーヒーと、名古屋発で庶民的なコメダ珈琲店。多様化する国内カフェ市場では「振り切った戦略」でないと生き残れない。対照的な両チェーンの戦略の違いを検証する。