レクサス超高級クーペ「LC」は一体どんな車か

これまでのトヨタ車系とは違うフィーリング

 

コンセプトモデルの発表から4年。レクサスのフラグシップクーペ「LC500」とそのハイブリッドモデル「LC500h」がついに完成した。レクサスが目指す新たな世界観とはなにか。スペインはセビリアで試乗した。

新型ラグジュアリークーペの登場

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

いかに今、世界的な名声を集めていても、生まれてこの方、順風満帆な歴史を紡ぎあげてきたブランドなどなかった。そこには必ず成長の苦しみがあったのだ。フェラーリ然り、ポルシェ然り、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディも、また然り。

レクサスは、今、正に3度目の画期を迎えている。

1度目は、もちろん、アメリカにおける衝撃の誕生である。初代LSは世界の高級車ブランドに衝撃を与えた。2度目が日本市場への逆上陸。LFAを頂点としたスポーツ性をもブランドの価値として見据えるようになった。

もっとも、過去の2度はいずれもマーケットオリエンテッドだったとも言えたから、アメリカや日本の市場への“おもてなし”こそあれ、傑出したブランドの存在感なるものに乏しかったのもまた事実である。

平たくいって、ラグジュアリーブランドとして、ユニークな世界観が確立されてはいなかった。新型ラグジュアリークーペ、LC500およびLC500hの登場によって、レクサスは、他のどのブランドにもない世界観や価値をわれわれに、否、世界中のラグジュアリーカーファンに、提案しようとしている。

衝撃のショーデビューからおよそ1年。スペインはセビリアにて、待望の試乗会が開催された。

次ページ動画で見るレクサスLC500 & LC500h
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。