ホンダ「NSX」長距離ドライブでわかった実力

シビアな面もあるがとにかくよく曲がる

 

京都在住のモータージャーナリスト・西川淳が、注目のクルマを東京ー京都間のロング・ツーリングの試練にかける「GTドライブテスト」連載。第1回は準和製スーパーカーのホンダ NSX。

リアリティを肌で感じるために

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

京都に自宅を移して早6年が経とうとしている。

その間、日本で発売されている様々なクルマ、それこそ軽自動車からロールス・ロイスまでを駆って、東京と行き来するという生活を続けてきた。だいたい月に3、4往復する。日帰り強行スケジュール以外は、ほとんどの場合クルマを使う。

経験を積めば、試乗会での“ちょい乗り”でも、ポテンシャルのたいがいは検討がつく。けれども、じっくり乗ってみて初めて分かることだってある、ということもまた事実。だから、長距離ドライブテストは欠かせない。

これまで、いわゆる実用車に関しては、他のメディアでもリポートする機会があったが、高額車両については、長距離テストの結果を直接、発表する場所がなかった。それはあまりにもったいないということで、GQ(Digital版)に連載させていただくことになった。

第1回の今回は、日本が誇るスーパーカー、ホンダ(アキュラ)NSXだ。

上代2000万円以上。初年度生産の個体には、オプションがハナから盛り込まれているため、乗り出しで軽く2500万円を超えるという。その価格設定には、ホンダ・ファンのみならず驚いたはず。けれども、いまどき専用シャシー&専用パワートレインのミドシップスポーツカーを安く売れ、というほうが間違っている。筆者は、この価格設定は“妥当”という見解だ。

次ページ非常×非常が、観客の驚きを倍加
関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。