ゆうちょ銀の評価が何ともパッとしない理由

集金力は断トツなのに稼ぎ方の効率が悪い

まずは口座数から見てみよう。メガバンクはそれぞれ同程度の規模だと考えている方も多いが、実はそうではない。三菱東京UFJ銀行(BTMU)の口座数は約4000万口座ある。日本の世帯数が約5300万であることを考えれば、その口座数の多さがわかるだろう。三井住友はその7割、みずほは6割の規模だ。

経営者が取れる選択肢もまだまだ多い

なお、銀行が持っている口座数は、株式投資家にとっては基礎中の基礎データといえるが、ゆうちょ銀行については、決算資料を端から端まで読んでも口座数についてはいっさい触れられていない。メガバンクのように口座数を詳細に開示していないものの、口座を保有している人数は約1億2000万人いるようだ。つまり、日本人のほぼすべてに近い人数がゆうちょ銀行との接点を持っているという驚くべき状況にある。

ATMの設置台数も、意外なほど差が大きい。それぞれの銀行が持っているATMの台数では、メガバンクの中では三菱UFJが頭1つ抜けている。みずほはイオン銀行のATMでもみずほ銀行ATMと同じ条件で利用できるようにしているが、みずほ単体では5654台だ。

『銀行はこれからどうなるのか』(クロスメディア・パブリッシング)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

そのメガバンク3行と比べても、ゆうちょ銀行の約2万7000というATM台数は群を抜いている。国内のセブン-イレブンの店舗数が約1万9000店舗であることを考えれば、その台数の膨大さに気づくだろう。

従業員数は、メガバンクグループに関しては、約2万7000~約3万4000人とおおよそ事業規模に応じた水準といえるが、ゆうちょ銀行に関しては、総資産の規模の割に1万2000人という従業員数は少ない。これは貸出業務などの比率が小さく、一般的な銀行とはビジネスモデルが異なっていたことが要因と考えられる。

その一方で、これまで見てきたように、ゆうちょ銀行は収益率が低い。今後、貸し出しを積極化させたり、有価証券投資も国債から他の証券にシフトさせたりして収益率を改善していくのであれば、ビジネスモデルを変えることにもなる。「効率性改善」という観点では、ゆうちょ銀行は経営者が取れる選択肢もまだまだ多いが、今後は人員増を伴いながら経費が増えることも想定され、いずれにせよ難しい経営の舵取りが必要となるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT