「14時頃に眠くなる人」が知らない睡魔の正体

昼寝や朝風呂、朝ランもやりすぎは禁物だ

最近、「仮眠をするとパフォーマンスが上がる」ことがよく取り上げられています。しかし、注意していただきたいポイントもあります。

高齢者337人のアルツハイマー患者とその配偶者260人の「昼寝の習慣と認知症発症リスク」について解析をおこなった報告があります。

興味深いことに「30分未満の昼寝」をする人は「昼寝の習慣がない」人に比べて、認知症発症率が約7分の1でした。

そして、「30分~1時間ほど昼寝をする」人も、「昼寝の習慣がない」人に比べて発症率が約半分になることがわかったのです。

これだけみると、「昼寝は認知症を遠ざける」といえそうですが、「1時間以上昼寝する」人は、「昼寝の習慣がない」人に比べて発症率が2倍も高いことがわかりました。

この結果から、昼寝をしすぎるとかえって脳にダメージを与える可能性があり、30分未満にとどめたほうがよいといえるでしょう。

ほかの研究でも、「20分程度の仮眠」は確かに脳のパフォーマンスを上げるという報告が多いのですが、そもそもいくら昼寝が良いといっても「昼寝できる環境にない」人がほとんどではないでしょうか。

なので、「仮眠でどうにかする」よりも、まずは「睡眠時間を6時間確保する」「眠りの質を上げる」ことに取り組んでいただきたいと思います。

「朝、すっきり目覚められない」のはなぜ?

また、「朝起きても眠気が消えない」人も多いのではないでしょうか?

これには、「慢性的に睡眠負債がたまっている」「睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害の疑いがある」「眠りが浅くなるレム睡眠のタイミングで起きられていない」などの原因が考えられます。

特に、眠っている間、1時間に15回以上呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」は危険で、なかには1時間に60回近く呼吸が止まる人もいます。これは、1分ごとに、10秒も20秒も首をぐっと絞められたのと同じ状態で、これでは眠った気もしないでしょう。

無呼吸は無自覚なことが多いので、「起きがけの眠気」が何日も続くのに、睡眠不足の自覚がないなら、「睡眠時無呼吸症候群」を疑ってみて、睡眠外来の受診をおすすめします(日本人は顔が平たく、あごが奥まっていて気道が狭いので、やせていてもこの疾病にかかるリスクがあります)。

また、睡眠が浅くなった「レム睡眠」で起きられないことも、起きがけに頭がすっきりしない一因です。

この対策としては「アラームを20分間隔・2つの時間でセットする」方法があります。これは、「ノンレム睡眠とレム睡眠が切り替わる」朝のタイミングを狙う作戦で、実行に当たっては、1回目のアラームの音をごく微音で短くセットすることを心掛けてください。レム睡眠は覚醒しやすいので、小さい音でも反応しやすいはずです。

1回目が深いノンレム睡眠中で気づかなくても、2回目の通常のアラーム音で反応できると思います。こういうふうに時間の幅を設け、2つの音量でアラームをセットすることで、目覚めのよいタイミングで起床できます。

次ページ「朝風呂」に入ると睡魔の餌食に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。