「単語力」を伸ばさなくても英会話はできる

大切なのは「かみ砕き&言い換え力」だ

「英語を話せる人」ならみんなやっている、ちょっとした工夫とは?(写真:Fast&Slow / PIXTA)
これからは、英語が不可欠だ。
そう言われ始めてから、はたしてどれくらいの時間が経っただろうか。会社からTOEIC受験を強制され、嫌々勉強しているビジネスパーソンも多いはずだ。しかし、「英語を使いこなせる日本人」は、なぜいまだにこれほど少ないのだろうか。
大前研一監修、ビジネス・ブレークスルー大学編の新刊『プロフェッショナル イングリッシュ』が刊行され、刊行記念イベントが行われた。執筆者のひとりであるスティーブ・ソレイシィ氏が紹介した、最強の「スピーキングトレーニング」の概要を紹介する。

 

『プロフェッショナル イングリッシュ』書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

まず、英語で話すときのことを想像してみてください。皆さんは、言いたいことをぴったり表す単語や表現を知らなかったり、とっさに思い出せなかった時にはどうするでしょうか。

「英会話が苦手」という人の中には、単語や表現を知らないと頭の中が真っ白になって、「何も言葉が出てこない」という方も少なくありません。そういう方は、もしかしたら「自分が英語を話せないのは、単語力がないからだ」と感じているかもしれません。

ですが、実は「ピッタリな英単語・表現」を探すより、知っている簡単な単語を使って「かみ砕き&言い換え」るほうが、はるかに伝わりやすくなります。

実際、この「かみ砕き&言い換え」をマスターする、というか「別の言葉で言い換えて、かみ砕いて説明すればいい」ということに気がついただけで、それまでたどたどしくしか話せなかった人が、それをキッカケにスラスラと流暢に英語がしゃべれるようになった例を、これまでにたくさん見てきました。

そのくらい、この「かみ砕き&言い換え」は、英語がしゃべれるようになるために重要で、有効なテクニックなのです。

次ページ「かみ砕き&言い換え」の極意
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。