「超高速複合機」は、業界地図を塗り替えるか

エプソンが新技術で頭打ち市場に殴り込み

ランニングコストの安さは、インクジェット方式は部品数が少ないという構造上のメリットに起因している。これは製品の販売を担う代理店にとってもプラスとなる。これまで扱ってきたレーザー方式と比べて交換部品数が少なく、その分修理に行く回数が減り、人件費を抑えられるからだ。

レーザー方式は構造的に内部が熱くなるためメンテナンスに手間がかかるが、インクジェット方式は紙が詰まる程度の故障であれば自力で解決できることもある。

新規参入で業界秩序を崩せるか

病院、官公庁、小売り業界などから引き合い活発(写真:セイコーエプソン)

5月の発売開始を前に、LX-10000Fは病院、官公庁、流通など紙やチラシの印刷量の多い業態から引き合いが来ているもようだ。

エプソンが従来から強みを持つ卓上サイズの家庭用プリンタは市場が先細っている。エプソンが持つオフィス向け複合機のシェアは、9000億円程度の国内市場において1%未満にすぎないが、未開拓の領域に食い込むことで収益を確保したい考えだ。レーザー方式が主流の市場に、得意のインクジェット技術で乗り込む。

今回の発表では同時に、従来より展開していた低速複合機の新モデルも発表された。インクジェット方式の強みを生かし、低速機では同じスピードのレーザープリンタと比べて「コスト2分の1」、高速機では同じコストのレーザー品と比べて「スピード2倍」で印刷できる。高速機の新たな投入でラインナップを拡充し、顧客のニーズに合わせた販売が可能になった。

先行各社は顧客を囲い込んでおり、切り替えのハードルは低くはない。だがインクジェット方式の速さ、安さというメリットが認識されれば、複合機市場の地図が塗り替えられる可能性もある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT