IoTは黎明期、ビジネスチャンスは無限にある

まだ市場を独占するような企業はない

3月20~24日、デジタルビジネスの国際展示会「CeBIT 2017」がドイツ・ハノーバーで開かれました。日本はこの展示会のために大規模なパビリオンを設けました。また、前夜祭で安倍晋三首相が登壇するなど、大変な力の入れようです。

昨今の注目は、やはりIoT。日独共同声明(ハノーバー宣言)にもIoTの文字が目立ちます。コンピュータやスマホだけでなく、あらゆるものがネットにつながるようになる未来に向けて、世界中の企業が新しい製品の開発を推し進めています。

そんなニュースを見ていたぼへちゃん。がぜんヤル気になっているようです。PCの世界と違って、IoTの世界はまだまだ黎明期。まだ市場を独占するような企業は現れていません。世界に打って出るには今がチャンスです。

ですが、どんな製品を作るつもりなのでしょうか。ぼへちゃん、どうやらダイエットに役立つ製品を考えているようです。ベルトに計測機器を組み込んで、ウエスト周りを常時測定。その記録を取り続け、ネットで変化を閲覧したり、太りすぎたらお知らせしてくれます。

これって、要するにぼへちゃん自身が欲しいんですよね。同じことを考えている人は他にもいたらしく、すでに試作機を開発した人達がいました

自分が欲しいと思ったものを作るのは良いことですが、ビジネスとなると別。世の中を見渡してみて、どんなところに誰も気がついていないような課題解決があるのか、良く考えてみる必要がありそうです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT