展示会で緊張するのは英語での説明だった

喜び勇んで出展をしたものの

フィンランドの首都ヘルシンキで始まった世界最大規模のスタートアップ企業のイベント「Slush」の日本版「Slush Tokyo」が、3月末に開催されました。

イベントでは、いろいろなIoTガジェットやロボット、VRなどの展示がありました。いずれも、ベンチャー企業が開発した製品。小さな会社ならではの独創的なアイデアが詰まっています。

ここに、なんとぼへちゃんも出展しました。前回お話ししたウエスト周りを計測するIoTベルトを本当に作ってしまい、それを持ち込みました。働き方革命で副業が推奨され始めた昨今、ぼへちゃんもこの波に乗ろうとしているのです。

展示会では多数の来場者に興味を持ってもらえて、評判は上々。ここで出資者が現れれば、開発に拍車がかかります。自ずとプレゼンにも力が入ります。

ですが、これは国際展示会。来場者には多数の外国人もいます。幸いなことに海外からの来場者にも興味を持ってもらったのですが、当然のことながら外国人からの質問はすべて英語。ぼへちゃん、英語は大の苦手。相手の言っていることが全然わからず、説明も全然できませんでした……。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT