モテない男子エンジニアの残念な共通点

婚活パーティで話す内容に愕然・・・

今回は、ぼへちゃんの同僚のやまちゃんのお話です。

彼はずっと仕事で忙しくしており、プライベート生活がまったく充実していません。いわゆる「非リア充」です。この状況を脱却すべく、「今年は彼女作ります」と職場で宣言しました。

早速婚活パーティに参加。いつになく積極的に女性達に話しかける姿勢に、やまちゃんの本気度を感じます。

ただ、その話題がいまいち相手にウケていないようです。

「今年は2017年!この"2017"っていう数字、306番目の素数なんだよ」

「"2017"って素数なんだけど、3つの素数の3乗の和なんだよ。知ってる?」

う~ん、一部のエンジニアの間では確かに素数の話は盛り上がります。

特にやまちゃんの言うように、"2017"という数字には、面白い特徴がたくさんあります。ですけど、一般の人が興味を持つ話ではないですよね。女性との会話に不慣れなのか、自分のペースで自分の興味あることをどんどん話してしまい、相手との言葉のキャッチボールが出来ていないようです。

これではいくら積極的でも、女性たちの気を引くのは難しそう。相手の興味ある話題で会話を盛り上げていきましょう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。