高度なプログラム作業に挑む際に必要なこと

先端を学ぶためには英語力が必須

多くの人が、年の初めに今年の目標を立てます。お正月を家族と過ごして、新年の抱負をお互い言い合うご家庭もあるかもしれませんね。

ぼへちゃんの今年の目標はスマホアプリを作ること。サーバーサイドの仕事がメインなので、なかなかスマホアプリを作る機会がなかったため、新しい挑戦です。

早速本屋さんに参考書を探しに行きます。スマホアプリ開発は人気のある分野ですから、参考書はたくさんあります。特に初心者向けの本が数多く並んでいます。数が多いということは選ぶのも一苦労。ぼへちゃん、どの本が良いのか悩んでいます。

そこでふと目に止まったのが、上級者向けの本。ところが、これは英語の本です。

海外で売られている本を、書店が輸入したのでしょう。ITエンジニアの中には、海外で出版されている英語の参考書を読む人も割と多くいます。コンピュータの先進国は何といってもアメリカ。そこで発表された最新技術の資料や参考書は、英語で書かれます。

この業界、いち早く最新技術にキャッチアップするためには、英語は必須。ぼへちゃん、どうも初心者向けの本では満足いかなかったようで、上級者向けの英語の本を購入。スマホアプリは初めてなのに、なかなかチャレンジングな選択です。

果たして、どのようなアプリをつくるのか。やる気は十分あるようなので、しばらく経過を見守りましょう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。