2017年元旦は、いつもよりも1秒長い日だった

うるう秒を知っていますか?

うるう年は皆さんも良くご存知ですよね。暦のズレを修正するために4年に1度、1日増やすのが「うるう年」です。

これに加えて、「うるう秒」というものがあります。地球の自転の速度が一定ではないため、時間にズレが生じてしまうことがあり、それを修正するために1秒増やすのが「うるう秒」です。

この「うるう秒」、こちらのページにも紹介されている通り、意外と頻繁に入れられています。そして本日、2017年元旦にも、「うるう秒」が入っています。そのため、2017年の1月1日は、通常よりも1秒長い日になります。

実はこれ、コンピュータシステムにも影響を及ぼしたりします。2012年7月1日のうるう秒挿入時には、サーバーが高負荷になる事態を引き起こしました。

というわけで、ITエンジニアの中には意識する人もいます。どうやらぼへちゃんもその1人。2017年の幕開けのカウントダウン、ぼへちゃん1秒長くカウントしてからのハッピーニューイヤー!

ですが、うるう秒の挿入時刻は0時0分ではなく、8時59分59秒と9時00分00秒の間となっています。年明けのタイミングではありません。もちろんぼへちゃんもそれは分かっているのですが、どうやら2016年が1秒でも名残惜しい様子。2016年には色々良いことあったのでしょう。2017年も良い年になるよう、頑張ります。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。