エンジニアはプレミアム金曜日も帰れない

仕事時間として組み込まれてしまう

2月24日から、月に1度早く退社をできる金曜日「プレミアムフライデー」が始まりました。実際には仕事を終えることはできず働き続けた方が多いと思います。

ぼへちゃんの会社も、そんな状況のようです。金曜の夕方だというのに、クライアントさんから、「提案書は今週末までにお願いします!」という依頼が入ってきました。

重要顧客だけに無視できない依頼なのですが、今週末って今日のこと。ぼへちゃん、なんだかクラクラしています。

当日のテレビのニュース番組では、早速活用した社員の方々が紹介されていましたが、早退できない人達はたくさんいるのです。

IT業界では、プロジェクトが山場を迎えていたりすると、休日出勤(休出)を余儀なくされるエンジニアも少なくありません。

プレミアムフライデーならぬプレミアム休出です。

そしてIT業界につきもののシステムメンテナンス業務。新機能のリリースやデータベースのメンテナンスなどは、たいてい皆さんがお休みの時に実施するので、金曜夜から作業ということも少なくありません。

事務仕事の人の中にもその恩恵に与れない人がいます。というのも、プレミアムフライデーに当たる金曜日は月末の金曜日。月末処理に追われる事務員さんたちの忙しい時期とちょうど重なるのです。

この状態が続くと良くありません。日本企業の長時間労働に歯止めをかけるきっかけというのであれば、休日出勤や残業があった分、ちゃんとお休みをとれるようにすることが重要です。繁忙期が乗り切れるように適正な人員配置をして、効率化を図る必要もあります。月末の金曜日だけでなく、毎日定時で帰れるようにするために日本の経営者が取り組むべき課題はたくさんあります。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT