朗報!AIが「お絵かき」を助けてくれる時代に

グーグルは「描こうとしているもの」を類推

4月11日(米国時間)、グーグルがお絵かきツール「AutoDraw」を発表し、話題になっています。

これまでのような、単にマウスで絵を描くツールではなく、自分の描いたちょっと絵心のない絵から、本当に描きたかったものをAI(人工知能)が類推し、「あなたの描きたかったものってこれですか?」と提案してくれるツールです。

無料で使えるということもあって、誰でも手軽に試すことができます。ぼへちゃんも早速試してみました。確かに、犬や猫などの絵は認識してくれるのですが、ぼへちゃんの丸くて黄色の絵(いわゆる自画像?)は認識してくれません。さすがにそれはAutoDrawのAIも学習していないのでしょう。学習していないものは出すことができません。

お絵かきツールの裏には、グーグルの誇る画像認識AIが存在します。あなたが遊びで描いた絵のデータに対して最も近い絵を提案する傍ら、そのデータが日々グーグルのデータベースに蓄積され、AIの学習に利用されるのだと思われます。

そうしてより精度に磨きをかけるAI。よりわれわれの生活に役立つ技術になるべく、日々研究が進められています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT