クラウドのデータは消えるかもしれない!

「GitLab」データベース消失の衝撃

つい先日、ITエンジニアの仕事に重大な影響を及ぼす事故が起きました。

プログラムのソースコードの管理を行うサービス「GitLab」のデータベースが消失(リンク先はtwitterでのつぶやき)してしまったのです。

GitLab内のエンジニアの操作ミスが原因だったようで、すぐにデータベースの復旧作業に取り掛かったそうです。

普通、データベースは毎日バックアップをしているもの。GitLabのデータベースもご多分に漏れず、バックアップを毎日自動的に取るように運用されていたはずでした。

ですが、調べてみるとこのバックアップがちゃんと取れていないことが判明。ずっとそれに気づかず、復旧が必要になった今の段階でようやく気付いたようですね。

幸い、複数用意していたバックアップ手段のうち、1つだけ正しく取れていたものがあり、それで復旧できたようです。

このバックアップは、システム運用において大変重要な機能なのですが、今回の事例のようにいざ復旧の段階になって正しく取れていないことに気づいたり、ちゃんと復旧できるかどうかのテストが行われていなかったりと、不完全であることがままあります。

バックアップ先のディスクがいつの間にかいっぱいになっていたり、テープドライブの異常が発生したり。ぼへちゃんの職場、この話で盛り上がっています。今回のGitLabの事故だけでなく、今まで携わってきたシステムのバックアップは大丈夫でしょうか。そんなことを話していて気づいたのが、意外にバックアップは手薄になっているということ。これまでに作ってきたシステムは、大丈夫なんでしょうか。急に不安になったぼへちゃん達、大急ぎでバックアップがちゃんと取れているか確認を始めました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT