閉幕したシーテック、実は「大激変」していた

テレビ見本市の時代は終わった、次はIoTだ

今年は「IoTタウン」が出現、新顔企業も多くみられた

10月4日から千葉・幕張メッセで開催されていたアジア最大の家電見本市「CEATEC JAPAN 2016」(以下シーテック)が4日間の日程を終え、同7日に終了した。

突然ではあるが、昨年までのシーテックはいわば「ジリ貧状態」にあった。リーマンショック前の2007年10月は895の企業・団体が出展したが、昨年は531まで減っていた。2000年に開始して以来、最低の数字だ。来場者数も同じく2007年の20万5859人をピークに減少、昨年は13万3048人と過去最低を更新した。

つまり、出展者数も来場者数もピーク時の6割前後まで落ち込んでいたのである。出展者数は2010年と2012年、来場者数は2010年と2014年に前年比プラスに転じたことがあるが、長期的な減少傾向に歯止めがかかっていなかった。

大手が次々と出展を見送ったことも

出展者数や来場者数の激減は、大手メーカーのシーテック離れを促した。日立製作所が2013年に出展を見送ると、2014年にはソニー、2015年には東芝が出展を取りやめている。

これらのうちソニーと東芝は今年も出展を見送った。ソニーは「グローバルな観点から展示会の選択と集中を継続している。開催時期や各事業の位置づけなどもあり、シーテックへの出展を見合わせた」とする。一方でソニーは世界の2大家電見本市である米CESや独IFAには毎年出展し続けている。要は、CESやIFAを「選択」し、シーテックは3年連続で選択しなかったということだ。

ちなみに、2015年前半に不正会計が発覚し、経営の屋台骨が揺らいだ東芝は「総合的判断による」と出展しない理由を言葉少なに語っている。

次ページ日立が戻ってきた!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT