「3Dプリンタ市場は、これから急成長する」

世界2強の一角、米ストラタシスのライスCEOに聞く

オバマ政権が後押し

――目下、まさにオバマ政権が推進しているところです。

オバマ大統領は2つのことを言っています。1つが教育。あともう1つ、製造分野における革新です。金型を使った製造方法では、リードタイムが非常に長くなる。カスタム生産も難しい。ところが、3Dプリンタによる積層造形であれば、よりカスタマイズ化された製品の製造が可能になります。

メーカーボットの買収により、材料にメタルを使う3Dプリンタ以外を除けば、ストラタシスがリーディングカンパニーのポジションを確立したといえます。

――メタルをカバーする予定は?

メタルは非常に面白いマーケットだと考えており、調査もしています。まだ具体的なスケジュールはないですが、将来的にはそこに踏み込むかもしれません。

――競合の3Dシステムズをどのように見ていますか。

3Dシステムズは、ストラタシスとは全然違う会社だと思います。両社とも非常にいい会社だと思いますが、彼らは3Dプリンタ以外の分野にも多角化しており、ソフトウエア、サービスもやっています。それに対し、ストラタシス社はより集中しており、ハードウエアという観点で3Dシステムズよりも先端を行っていると思います。

例えば当社の「オブジェット・コネックス」という製品。2種類の素材を噴出して造形する3Dプリンタですが、これは最先端の3Dプリンタといえます。200人の研究開発要員がおり、予算として年間4000万ドルを研究開発に費やしています。

次ページ長らくニッチだった3Dプリンタが、なぜ急成長?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT