「3Dプリンタ市場は、これから急成長する」

世界2強の一角、米ストラタシスのライスCEOに聞く

オバマ政権が後押し

――目下、まさにオバマ政権が推進しているところです。

オバマ大統領は2つのことを言っています。1つが教育。あともう1つ、製造分野における革新です。金型を使った製造方法では、リードタイムが非常に長くなる。カスタム生産も難しい。ところが、3Dプリンタによる積層造形であれば、よりカスタマイズ化された製品の製造が可能になります。

メーカーボットの買収により、材料にメタルを使う3Dプリンタ以外を除けば、ストラタシスがリーディングカンパニーのポジションを確立したといえます。

――メタルをカバーする予定は?

メタルは非常に面白いマーケットだと考えており、調査もしています。まだ具体的なスケジュールはないですが、将来的にはそこに踏み込むかもしれません。

――競合の3Dシステムズをどのように見ていますか。

3Dシステムズは、ストラタシスとは全然違う会社だと思います。両社とも非常にいい会社だと思いますが、彼らは3Dプリンタ以外の分野にも多角化しており、ソフトウエア、サービスもやっています。それに対し、ストラタシス社はより集中しており、ハードウエアという観点で3Dシステムズよりも先端を行っていると思います。

例えば当社の「オブジェット・コネックス」という製品。2種類の素材を噴出して造形する3Dプリンタですが、これは最先端の3Dプリンタといえます。200人の研究開発要員がおり、予算として年間4000万ドルを研究開発に費やしています。

次ページ長らくニッチだった3Dプリンタが、なぜ急成長?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。