「3Dプリンタ市場は、これから急成長する」

世界2強の一角、米ストラタシスのライスCEOに聞く

――3Dプリンタ業界は20年以上の歴史を持つ業界ですが、長らくニッチ分野でした。

そのとおりです。では過去3年で何があったのか、とよく聞かれるのですが、実は3つのことが起こっています。どれが一番大事なのかは分かりませんが、その3つとは次のようなものです。

1つ目はプリンタの価格と性能。安くなって能力が上がりました。2つめにプリンタそのものの仕様がシンプルになり、簡単に使えるようになった。3つめにオバマ大統領をはじめ、政府当局の関心が高まった。この3つの要因により、これまでにないチャンスが訪れています。

ロックスターになった気分

――期待が高まる中で、プレッシャーもあるのでは?

プレッシャーはありませんが、注目が高まっているのを感じます。3年前には3Dプリンタに関する記事は1カ月に1本あればいいほうでしたが、今では1週間に3本以上の記事が出ています。メーカーボットを買収した際には米国において主要なテレビ、新聞、雑誌に取り上げられました。まるでロックスターになった気分です(笑)。

(撮影:梅谷 秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。