マイクロソフトの大改革は実を結ぶのか?

バルマーCEO直轄体制へシフト、組織再編後の課題

10年ぶりに行う大改革は低迷を脱するきっかけになるのだろうか──。

7月11日、米マイクロソフトは大規模な組織再編を発表した。その内容は「ウィンドウズ」「オフィス」「サーバー&ツール」「スカイプ」など製品分野を軸として7人のプレジデント(社長)がいる分権体制を廃止し、スティーブ・バルマーCEO直轄の「ワン・マイクロソフト」へ移行することだ。バルマー氏は、同日早朝に全社員へ宛てた長文のメールで「一つの会社」「一つの戦略」と強調。従来の組織の壁を壊し、開発、マーケティングなど機能別の体制に変えると宣言した。

マイクロソフトが分権体制を敷いたのは2003年のこと。バルマー氏がCEO就任後に行った改革であり、いわばバルマー体制ともいえるものだ。今回は、それを自らの手で壊したことになる。

組織再編の布石は、1年前に打たれている。マイクロソフトにとって最大の課題は、モバイル分野への取り組みが遅れ、アップルやグーグルに完全に主導権を奪われてしまったことだ。この状態からいかに巻き返すか。昨年7月の社員集会で、バルマー氏はアップルのようにマイクロソフトも自らハードウエア(デバイス)に取り組むことを宣言。マイクロソフトの新しい事業領域を「デバイス&サービス」と定めた。

ところが、製品別の事業グループのままで取り組んだデバイスの開発には限界があった。昨年10月発売のタブレット端末「サーフェス」はウィンドウズ部門が主導したが、オフィスなどのアプリケーションが中途半端にしか搭載されていない。携帯電話「ウィンドウズフォン」との連携も行われていない。結局、サーフェスは主要国で大幅な値引き販売を実施し、在庫処分に追われるありさまだ。そこで今回の組織再編では、すべてのデバイスを一手に担当するエンジニアリンググループを新設。全社を挙げたデバイスシフトを主導していく。

次ページ3度目の大改革
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 買わない生活
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT