牛角とはなまるで「太りにくい」メニュー選び

「シンプルなうどんほど太る」という逆説

ハッキリ言います。麺だけのうどんは、ダイエット食どころかデブ飯なのです。うどんの栄養素は炭水化物がメイン、つまりほぼ糖質です。ただでさえうどんは食後の血糖値が上がりやすい食品なので、タンパク質や脂質分を一緒にとらなければ、血糖値は急上昇し、肥満のもとになってしまうのです。よかれと思ってうどんの麺だけ食べるのは、ヘルシーに見えて実は逆効果です。

トッピングには何がベストでしょうか。答えは、さまざまな栄養素が一度にとれる卵。特に、熱を入れた半熟の卵は、タンパク質を効率よく吸収できるので、「温玉ぶっかけ」はうってつけのメニューです。

ついでに、自分で追加できるトッピングの天ぷらはどうでしょうか。基本的に、天ぷらは揚げ物なので積極的にお薦めはできませんが、麺だけ食べるよりはマシ。種類によっては、足りない栄養素を補うことができます。たとえば、ビタミン不足の人には「季節のかき揚げ」「かぼちゃ天」「さつまいも天」など。タンパク質不足の人には「えび天」「いか天」「ちくわ天」などがお薦めです。気をつけたいのは無料の天かす。ついササッと入れたくなりますが、大さじ3杯で約100キロカロリーもあります。油の塊を追加するようなものなのです。

牛角では「牛タン塩」と「牛角カルビ」を比較

次は牛角。リーズナブルな価格の焼き肉レストランチェーンです。席に備え付けられている七輪で焼くのが牛角のスタイル。店内は落ち着いた雰囲気で女子も入りやすいお店です。セレクトしたメニューは「牛タン塩」と「牛角カルビ」。あえて選ぶならどちらがよいでしょうか。

太りにくさを考えるなら、「牛角カルビ」よりも「牛タン塩」がお薦めです。みんな大好きなカルビですが、数字で比べてみると差は一目瞭然。脂肪分たっぷりで、カロリーと脂質は牛タンの約2倍です。

牛タンも脂肪分が少ないとはいえませんが、ビタミンB1や鉄分を多く含んでいて栄養満点。かみごたえもあって、少量でお腹いっぱいになるのもうれしいポイントです。レモン汁をつけて食べれば、胸やけしにくく、代謝もアップ、ビタミンCがとれるなど、プラスアルファの効果もあります。

次ページルールを守って思う存分に食べよう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT