どう回る?伊勢神宮のおすすめスポット

占星術師のステラ薫子さんが行く

現世のお願いは外宮で。内宮では日本の繁栄を祈る(写真:たっちゃん / PIXTA)
伊勢神宮といえば日本随一のパワースポットです。何度も訪れている人も、まだ訪れたことのない人にもおすすめしたい、春に新しい幸運を呼び込むスポットを、占星術師のステラ薫子さんが紹介します。

一生に一度は伊勢詣でへ

当記事はVOCEウェブサイトの提供記事です

占星術師のステラ薫子です。

パワースポットナビも始まってから2年目となりました。色々なところを紹介したなと過去のデータを辿っていったところ、伊勢神宮の内宮、外宮に触れていないことに気がつきました。伊勢神宮は江戸時代から「一生に一度は伊勢詣でへ」と言われたほど、古くから信仰を集める場所。また近年はパワースポットブームから、若い女性の参拝者も増えていると聞きます。

私も年に一度は伊勢にお参りにいくのですが、友人たちに伊勢の巡り方を聞かれることが多々あります。以前もVOCEウェブサイトのパワースポットナビで書きました(伊勢神宮を巡る前に訪れたい場所。恋愛力を高める二見興玉神社)。

御祭神は太陽神、天照大御神の弟、月讀尊

私は、二見輿玉神社、猿田彦神社を回って外宮に入ります。伊勢神宮の外宮の御祭神は豊受大御神。内宮の御祭神は天照大御神になります。現世のお願いは外宮で、内宮では日本の繁栄を祈る場所とされています。

御参りする順番は外宮から内宮へと巡ります。

私がまず向かうのは月讀宮。ここは猿田彦神社からたった5~6分の所に鎮座しています。御祭神は太陽神、天照大御神の弟、月讀尊です。月讀尊は夜を支配するとされています。月や星を読み解くことを生業とする私にとって、ここはとても大切な場所。またスピリチュアルに関心がある人たちも必ず立ち寄る場所かと思います。清らかで静寂。心が穏やかに静まっていくような気がします。ふと、純粋さが蘇ってくる癒しの場所。がんばりすぎている方はここで疲れやざわめく気持ちを浄化しましょう。

次ページまっすぐ歩き続けられますように
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。