セブン-イレブン、成長なぜ止まらない

鈴木会長「コンビニ弁当の試食、当たり前のこと」

コンビニ各社の既存店売上高(5月)はセブン-イレブンを除けばみんな昨年を下回っており、消費は回復していない。給料が上がるなら増税を受け入れるだろうが、そうでなければ景気は下降するだろう。

人間の心理を少しでも満足させるのが仕事

──セブン-イレブンの将来の姿をどう考えていますか。

変化対応だ。世の中はつねに変化している。明日の天気を知りたければ、天気予報を見ればいい。しかし来年7月の天候がどうなるかなんてわかりやしない。東日本大震災だって誰が予測できたか。起きたことを受け入れて、つねに対応できる体制を作っていく。それが将来に対する考え方だ。

われわれの課題は、新しいものをどこまで出していけるかという、人間の心理への挑戦だ。たとえば婦人のブラウス。これは去年買って、着られなくなったから今年も買うわけじゃない。新しいものが出たから買いたくなる。食べ物も同じだ。おいしいものを食べたいが、明日はまた違ったものを食べたくなる。それが人間の心理だ。

この人間の心理を少しでも満足させるのが、われわれの仕事。これが行き詰まったときが敗北だ。

私の役割は、みんなが挑戦を心掛け、率先して行うような方向付けをすることだ。少しでも手を抜いてはならない。自分たちが満足してしまったら、そこから退歩が始まる。40年間そうしたことを続けてきたから、今日がある。しかし、もっと厳しくやっていれば、もっと成長することができたかもしれない。

(撮影:インタビュー写真は梅谷秀司、他の写真は今井康一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT