セブン-イレブン、成長なぜ止まらない

鈴木会長「コンビニ弁当の試食、当たり前のこと」

コンビニ各社の既存店売上高(5月)はセブン-イレブンを除けばみんな昨年を下回っており、消費は回復していない。給料が上がるなら増税を受け入れるだろうが、そうでなければ景気は下降するだろう。

人間の心理を少しでも満足させるのが仕事

──セブン-イレブンの将来の姿をどう考えていますか。

変化対応だ。世の中はつねに変化している。明日の天気を知りたければ、天気予報を見ればいい。しかし来年7月の天候がどうなるかなんてわかりやしない。東日本大震災だって誰が予測できたか。起きたことを受け入れて、つねに対応できる体制を作っていく。それが将来に対する考え方だ。

われわれの課題は、新しいものをどこまで出していけるかという、人間の心理への挑戦だ。たとえば婦人のブラウス。これは去年買って、着られなくなったから今年も買うわけじゃない。新しいものが出たから買いたくなる。食べ物も同じだ。おいしいものを食べたいが、明日はまた違ったものを食べたくなる。それが人間の心理だ。

この人間の心理を少しでも満足させるのが、われわれの仕事。これが行き詰まったときが敗北だ。

私の役割は、みんなが挑戦を心掛け、率先して行うような方向付けをすることだ。少しでも手を抜いてはならない。自分たちが満足してしまったら、そこから退歩が始まる。40年間そうしたことを続けてきたから、今日がある。しかし、もっと厳しくやっていれば、もっと成長することができたかもしれない。

(撮影:インタビュー写真は梅谷秀司、他の写真は今井康一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。