セブン-イレブン、成長なぜ止まらない

鈴木会長「コンビニ弁当の試食、当たり前のこと」

4月に発売した「金の食パン」。セブン-イレブンの店頭でも売れている

通常の倍近い価格のPBでもおいしいものは売れる

セブン&アイ・ホールディングスにはコンビニもあれば、スーパーや百貨店もある。(PBを全店で売り出そうとしたところ)社内では、セブンは高く売り、ヨーカ堂はすぐ安売りする、百貨店ではコンビニやスーパーで売っているものは売れないと。三者三様に自分たちの立場だけ考えて、みんな反対だった。

ところが4月に発売した「金の食パン」は通常の2倍近い250円の価格なのに、どこでもよく売れている。おいしいものであれば、どこで買ってもおいしい。

サントリーホールディングスと共同開発した「ザ・ゴールドクラス」ビールも、佐治信忠社長に「価格は全部引き受けるから、最高の品質のものを作ってください」とお願いした。日清食品ホールディングスの安藤宏基社長にも「最高の商品を作ってください。値段はいくらでもいい」と言った。安藤社長はびっくりして「どこにいっても価格のことばかり言われるのに」と言っていた。

食品メーカーは300円で売っているものを、最高の品質だからといって3000円で売るようなことはしない。メーカー社内では「スーパーやコンビニでそんなもの売れるわけない」と言われるようだが、トップの判断だから向こうも動かざるを得ない。

PBの常識は変えなければならない。新しい常識とは、最高の品質のものを提供するということだ。これからも、どんどんよいものを開発しなければならない。

──来年4月にも消費増税が実施されようとしています。

今、日本はモノが氾濫しており、慌てて買う必要がない。アベノミクスで消費が伸びているというが、お金を持っている層がデパートで買い物をしているというだけだ。

次ページ満足したら、そこから退歩が始まる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT