「虐殺者」織田信長は、ここまで残酷だった

そこまでやる?「本当の姿」を知っていますか

Q7.信長は、ほかの戦国武将に比べても、特に残酷でしたか?

残酷だったと思います。もちろん、戦乱の時代なので残酷でない武将はいませんが、それでも信長の行った殺戮の数は、戦国時代でも「突出」しています。

Q8.信長が「突出して残酷だった」理由は?

本人の性格によるところもありますが、幼少期から織田家の家督を継ぐまでのあいだの苦労や、それ以降の尾張国統一に至るまでの「周囲の人間に対する不信感」といった心労がストレスとなり、彼の「残虐性」を大きく加速させた可能性があります。

また、この時代はほとんどの戦国大名にとって、「自国の領土を守ること」が戦いの主な目的でした。そのため「局地的な紛争」がほとんどで、大量の死傷者は出ませんでした。

ところが、信長は15代将軍、足利義昭を奉じて上洛することを決心した時点から、「天下統一」「天下布武」つまり武力により天下をわが身におくことを目的としたため、つねに「他国への強引な侵攻」が続きます。

その結果、必然的に戦いの規模は「全面戦争」にならざるをえず、多くの犠牲者を生むことになったのです。

歴史を学ぶことは「人間の本質」を知ること

ある正月、信長は家臣を集め、新年を祝う酒宴を開きました。宴もたけなわの頃、彼は「今日は珍しい趣向がある」と言い、広間に何かが運び込まれます。

家臣たちが目を凝らすと、それは金箔に覆われ黄金色に輝く「ドクロ」。前年に滅ぼした宿敵、浅井・朝倉氏の首を加工したものでした。

家臣たちは言葉を失ったまま、その様子をじっと見守っていると、信長はドクロに酒を注ぎ、家臣に飲むことを強要。拒めない彼らは身を震わせながら次々と「ドクロの杯」に口をつけたといいます。

その一方で、信長には「優しい人柄」を表すエピソードも残されています。

秀吉の妻「ねね」の訪問を受けた信長は、彼女から夫の女性問題に関する悩みを聞かされます。ほどなくして信長は、彼女に手紙を送り、「まったくとんでもない男だ。あなたほどのすてきな女性に、あの禿げ鼠(秀吉)はもったいない!」と彼女を励ましたというエピソードも残されています。

織田信長は、信頼していた部下の明智光秀に裏切られ、「本能寺の変」で生涯を閉じます。しかし、織田信長という「偉大な英雄」の登場なくして、現代に続く日本の歴史はまず考えられないでしょう。

そんな信長にも、人間として「いろいろな面」があったのも事実です。人間は「複数の顔」をもつ多面的な存在で、歴史を学ぶことはそうした「人間の本質」を知ることでもあります。

歴史には、小説以上に「人間を考える材料」が満ちあふれています。ぜひ日本史を学び直すことで、「身近な人をより深く知るきっかけ」にしてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT