「レアル」追い詰めた「鹿島」監督の組織論

見つめ直したチームリーダーとしてのあり方

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

様々なジャンルのフロントランナーを招き、キーワードを基にビジネスのヒントを聞く日テレNEWS24・デイリープラネット「飛躍のアルゴリズム」。今回は「鹿島アントラーズ」監督・石井正忠氏。「強い鹿島」を復活させた指導方法や「いいチーム」を作るために必要なリーダーシップについて聞いた。

石井氏は1967年生まれの50歳。93年のJリーグ開幕年から鹿島アントラーズの主力として活躍し、元・ブラジル代表のジーコ氏を支えチームを牽引。98年アビスパ福岡に移籍し、そのシーズンに引退。引退後すぐに鹿島のユースチーム・コーチや鹿島アントラーズのフィジカルコーチを務め、2015年7月に監督に就任している。

監督になって初めて感じた重圧

「3年ぶりの優勝も突然の“現場放棄”。リーダーとしての自信を失った…」。心労などで休養を決めた石井氏。そんな状況から復帰を決心する後押しとなった出来事とは。

――『心労で横浜戦不在。鹿島・石井監督退任も』と、新聞の記事に見出しとしてありました。当時は、監督に対して選手の反抗的な態度というのも注目されましたよね。

新聞ではけっこう取り上げられていたんですけども、そこの部分ははっきり選手と話してますし、このタイミングではそれは全く関係なかったですね。

――そうしますと、心労の原因というのはどこにあったんですか。

私が監督になって初めて感じたんですけども、いろんな方面からのプレッシャーがありますし、鹿島アントラーズというクラブは、常にタイトルを求められるクラブなので、その重圧というのは非常に大きかったのかなと思っています。

次ページ一体感がバラバラに
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT