「スポーツ見放題」バトル勃発!孫vsダゾーン

Jリーグに2000億円を投じた英国企業の正体

ダ・ゾーンの指揮を執るジェームズ・ラシュトン氏(左)と、日本社長を務める中村俊氏(右)(写真:記者撮影)

スポーツ動画サービスが、日本でも本格的に広がりそうだ。

スポーツに特化したライブ中継サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」(英Perform Groupが展開)が8月23日、日本でサービスを開始した。130以上のスポーツ、年間6000試合以上が楽しめるサービスで、料金は月額1750円(税抜き)。テレビやスマートフォン、パソコンなどのデバイスで利用でき、中継を見逃した場合も、オンデマンドで視聴が可能だ。

コンテンツは実に多彩である。まずは欧州のサッカーリーグで、日本人選手も活躍するドイツのブンデスリーガやイタリアのセリアA、英国、ベルギーなど各国のリーグを配信。2018年ワールドカップの予選も配信する。

そのほか、ラグビーやテニス、バドミントン、バスケットボール、UFC(総合格闘技)、ゴルフ、卓球、F1、ビリヤード、フィッシングまで、ありとあらゆるスポーツを網羅する。日本向けに実況や解説を加えたコンテンツを配信したり、選手にインタビューする番組などの制作も考えているという。

2020年東京五輪に向け盛り上げる

日本のスポーツでは、プロ野球の横浜DeNAベイスターズ、広島東洋カープの試合に加えて、バレーボールのVリーグを中継。目玉はサッカーのJリーグだ。Perform Groupは今年7月、Jリーグと2017年からの10年間、合計2000億円に及ぶ、巨額の放映権契約を結んでいる。J2、J3を含む全試合を配信する予定だ。

「ダ・ゾーン」はスマホやパソコンを利用して、いつでも、どこでも視聴できる

ダ・ゾーンにとって、日本は、8月10日に始動したドイツ、オーストリア、スイスに続く、4番目の国だ。なぜ英国企業がわざわざ日本でサービスを始めるのだろうか。

8月23日に開いた会見で、日本社長を務める中村俊氏は「スポーツファンが多い。しかも、サッカーのファンでも、野球やバレーボール、テニスを見たりするように、複数のスポーツを楽しむ傾向がある。だが、そのために最適な環境が整っているわけではない。ダ・ゾーンは魅力的な価格で見られるようにする。2020年の東京五輪に向けてスポーツを盛り上げたい」などと説明した。

次ページソフトバンクがいきなり反撃
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT