「スポーツ見放題」バトル勃発!孫vsダゾーン

Jリーグに2000億円を投じた英国企業の正体

 一方、国内ではすでに、孫正義社長率いるソフトバンクグループがヤフーと共同で、スポーツ中継サービス「スポナビライブ」を展開している。プロ野球は巨人と広島を除く10球団の試合を配信中だ。海外サッカーではプレミアリーグとリーガ・エスパニョーラを配信。そのほか、相撲やテニス、さらに自らトップパートナーとして120億円を投じるバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」も、独占中継する。

通常料金は月額3000円(税抜き)だが、ソフトバンクユーザー(ワイモバイルも含む)の場合、月額500円(税抜き)で利用可能だ。最近は、アーティストの三代目 J Soul Brothersを起用したテレビCMを放映するなどで、会員獲得に注力している。

ソフトバンクも同じ23日、早速、スポナビライブ利用時のデータ通信料を無料にするキャンペーン(11月末まで)を発表し、迎え撃った。今後は、各地域のソフトバンクショップでバスケチームと連携したイベントを開催したり、配信するスポーツのジャンルも拡大を検討しているという。 

スカパー!、WOWOWにも影響するか?

ダ・ゾーンの指揮を執るジェームズ・ラシュトン氏は、競合サービスについて聞かれると、「われわれはスポーツに特化して展開している点が違う。新しい需要を掘り起こす。ほかの事業者とは共存共栄していきたい」などと語っていた。

Perform GroupはJリーグと2017年からの10年間、合計2000億円に及ぶ巨額の放映権契約を結んだ。NTTグループもスマートスタジアム化の取り組みで連携している

ソフトバンクのような携帯事業者の場合、店頭で携帯と同時に契約させるケースが多く、会員数を積み上げやすい。一方のダ・ゾーンは特定の販路を持たない。価格が高めということもり、ネット上の販促だけでは限界がありそうだ。

ただ、ラシュトン氏は他社と組んだ販売の可能性についても示唆しているため、今後はスタジアムのIT化について、連携するNTTグループとの取り組みなども考えられる。

黒船襲来で、にわかに注目を集める、スポーツ動画ライブサービス。同じくスポーツ中継に力を入れてきた、衛星放送のスカパー!やWOWOWを含めて、激しいバトルに発展しそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT