「レアル」追い詰めた「鹿島」監督の組織論

見つめ直したチームリーダーとしてのあり方

――休養を決めて、試合を1回お休みされたということで、チームに戻るのは気まずくなかったですか。

気まずいって言い方かどうかわからないですけど、そこはもうなかったですね。自分の中でも「またこのチームで指揮をとりたい。リーダーとしてまたやっていかなきゃいけないんだ」という覚悟はもう決めていたので、そういった気まずさというのはなかったです。

――その時の選手の反応はいかがでしたか。

それは本当にさまざまです。すぐに受け入れてくれる選手もいましたし、1度退いたので“職場放棄”ととらえた選手もいるでしょうし、そのへんは本当さまざまでしたね。

リーダーとしてのスタイルに変化

――そんな中、覚悟を持って復帰された後、特に意識してされたことはどういったことでしょうか。

今まで私のリーダーとしてのスタイルとして、チーム全体を後ろからサポートしていくようなスタンスでした。

そういうリーダーシップの取り方もあるとは思っていたんですけど、それよりも、このクラブでリーダーとしてやっていくには、自分がやっぱり前に立ってチームを引っ張っていく。あと、しっかり方向性を決めて、そこに向かってチーム全体が一体感を持ってやっていくっていうところを示さなきゃいけないなと思いました。

――それが、さまざまな方向に向き出した選手たちを、同じ方向に向かせるという意味での1つの大きなきっかけとなったんでしょうか。

そうですね。

日テレニュース24の関連記事
“レアル追い詰めた”鹿島監督の組織作り1
“レアル追い詰めた”鹿島監督の組織作り2
“レアル追い詰めた”鹿島監督の組織作り4
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ひと烈風録 平井一夫<br>前会長の「ソニーとの決別」

ソニーを立て直した名経営者は、会長に退いてからたったの1年で会社を去った。今後はビジネスの世界から身を引き、日米の子どもたちの就学を支援するという。自らが望む人生を始めて歩み出す平井氏。そのユニークな半生を振り返る。

  • 新刊
  • ランキング