保育士の激務は年収323万では割に合わない

このままでは、さらに保育士が足りなくなる

需要は膨らむばかり、保育士の不足は深刻だ(撮影:山内信也)

2月に入って、保育園に子どもを預けたい親にとっては不安な日々が続いている。4月入園の承諾・不承諾通知が届き始めているのだ。政府はこれまで保育施設の整備に取り組んできたが、いまだ待機児童の解消には至っていない。

潜在保育士80万人なのに、なり手がいない

2013年には「待機児童解消加速化プラン」により、2017年度末までに40万人分の受け皿を確保する目標を掲げた(2015年に目標を50万人に引き上げ)。さらに2016年には匿名ブログ「保育園落ちた日本死ね!!!」が注目され、緊急施策として臨時的な受け入れ強化などが打ち出された。しかし、受け皿の整備を上回るペースで女性の就業が増えている。

今、大きな問題となっているのが保育士不足だ。とりわけ東京都では昨年、保育士の最需要期の有効求人倍率が6倍を超えるなど、深刻な人手不足が続いている。2017年度末までに50万人分の受け皿を確保するには、2013年度比で新たに約9万人の保育士の確保が必要になる。一方で保育士資格を持ちながら就業していない「潜在保育士」は80万人以上と推測される。

次ページなぜ保育士はたいへんなのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。