カフェが最も多い都道府県を知っていますか

この蘊蓄100章は思わず人に話したくなる

21. 喫茶店の数が最も少ないのは秋田県で220軒

22. 人口に対する喫茶店の数が多い都道府県ナンバー1は高知県。2位は岐阜県、3位は愛知県

23. 年間支出喫茶代(2人以上世帯)の全国平均は5128円

24. 都市別の年間支出喫茶代は岐阜市が1万3360円でトップ、2位名古屋市1万3240円、3位東京区部8385円

年間およそ500億杯のコーヒーが、国内で消費される(撮影:今井康一)

25. 国内で年間に消費されるコーヒーはおよそ500億杯

26. 1878年、神戸元町の「放香堂」が店頭でコーヒーの提供を始める。これが日本初のコーヒー店とされる

27. 東京では1888(明治21)年、上野黒門町に開店した「可否茶館」が最初のコーヒー店

28. 可否茶館にはビリヤード台やトランプ、風呂までもが完備され、コーヒー1杯の値段は1銭5厘だった

29. 可否茶館が営業を開始した4月13日は「喫茶店の日」

文化人たちの社交場としてのカフェ

30. 日本で最初に「カフェ」の名を冠したのは、画家の松山省三が1911年に銀座で開業した「カフェ・プランタン」

31. 同年、同じく銀座に「カフェ・ライオン」開業。洋食、洋酒を中心に揃いの衣装を着た女給が給仕するカフェ

32. 続いて銀座に「カフェ・パウリスタ」も開店。ブラジル政府よりコーヒー豆の無償供与を受け、一般市民が低価格で本場のコーヒーを味わえる貴重な場として賑わった

33. 明治末期にできたこれらのカフェは文化人たちの社交場で森鴎外、谷崎潤一郎、北原白秋、芥川龍之介、平塚らいてう、市川左團次らが出入りした

34. 昭和初期には女給の接待を売りにする風俗色の濃い飲食店を「カフェー」と呼ぶようになった

35. この頃から風俗営業のカフェーと区別して、コーヒーや軽食を提供する店を「喫茶店」と呼ぶようになった

36. とくに酒類を扱わない喫茶店は「純喫茶」と称した

37. 1929(昭和4 )年から風俗営業がメインのカフェーは厳しい取り締まりの対象となり、以降急速に減退していく

38. 日本の最初の“喫茶店ブーム”は1950年代以降。歌声喫茶、ジャズ喫茶、名曲喫茶などが大流行

39. 1960年頃からは個人経営の店が主流となり、店主のこだわりが反映された喫茶店が人気を獲得した

40. 1964年の東京オリンピック前後には同伴喫茶、深夜喫茶、漫画喫茶、電話喫茶なども登場

次ページスターバックスの日本1号店が
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。