ラクで効果抜群!食べる順だけダイエット法

まずは野菜から食べよ

利点その2は再現性の高さです。人間本来の生理現象にマッチしたダイエット法だから、「私には向いてないわ〜」とか、「ブートキャンプから脱落」ということが起きにくいということです。

まずは「太る原因」から説明しましょう。太る原因、言い換えると体に余分なお肉(=脂肪)がつくのは、食物の中にある「糖質」の取りすぎが原因です。糖質は体を動かすエネルギー源。しかし、必要以上に取りすぎると脂肪として体内に蓄えられてしまいます。たとえば、お腹回りの余分なお肉(=脂肪)になるわけです。

逆にいうと、糖質を抑えれば余分なお肉はつかないということ。ここで、食べる順番がかかわってきます。野菜を先に食べ、タンパク質を挟み、最後に炭水化物を食べると、逆の順番に比べて糖質の吸収が大幅に抑えられるのです。もちろん同じものを同じ量を食べても、という前提です。

しかし例外があります。それは、「早食い」の人です。糖質の吸収が和らぐのは、野菜の食物繊維が小腸で消化されることで起きる現象です。早食いをすると、野菜が消化される前に、糖質の塊である炭水化物が小腸に送り出されてしまうので、効果が激減してしまうのです。だから“食べる順だけ”法は、野菜をゆっくり食べることがキモになります。

必ずゆっくり食べる

“食べる順だけ”ダイエットをガイドする先生は、必ず「ゆっくり食べること」が成功のポイントであると説きます。理由は先の説明のとおりですが、この「ゆっくり」が思わぬ波及効果を生み出します。食べる量が自然と減るのです。ゆっくり食べると満腹中枢が刺激されるからです。

野菜をゆっくり食べる、たんぱく質もついでにゆっくり食べる。すると炭水化物を食べきるのがキツくなるのです。私のような大食いの人間でも不思議なもので、「もうダメ……」と食べる量がガタっと減るのです。ゴハンでいうと2杯はいけたのが1杯でお腹いっぱいになる、という具合です。

次ページこのダイエット法の真価
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?