ランボルギーニが日本で存在感を増す理由

販売網や製品力の強化・拡充が進む

クルマはいろいろな楽しみ方があるから、派手な改造などを否定するつもりは毛頭無いが、クルマを売る立場からすればあまり偏ったイメージがついてしまうと販売のターゲットが限られてしまうことになる。本国のマーケティングポリシーを浸透させるために日本法人はディーラー整備とともに、ブランドイメージの正しい浸透に努めているようだ。

”攻め”の姿勢をさらに強めていく

『フェラーリ・ランボルギーニ・マセラティ~伝説を生み出すブランディング』(KADOKAWA)。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

このような要因から日本におけるランボルギーニブランドの存在感は大きく高まっており、
販売戦略においても”攻め”の姿勢をさらに強めていくようだ。ちなみに、フェラーリが今のところ、2ドアのスポーツカーのセグメントに専念すると表明しているのに対して、ランボルギーニは2018年からは新たにSUVセグメントへの参入を表明している。

培ってきたCFRP技術を最大限に活用し、自然吸気エンジンにこだわってきた同社としては初めてのターボエンジン導入も行う新しい試みである。このモデルの販売目標が年間2000台といわれており、イタリアはサンタアガタの工場も拡張工事が続けられている。日本ではフェラーリがランボルギーニの2倍近くの年間約700台を売っているが、ここ最近は横ばい状態という。販売網の充実、製品力の強化、ラインナップの拡充などを武器に2大スーパーカーメーカーの日本における差は縮まっていきそうだ。
 

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT