理不尽に苦しむ「いい人」が覚えるべき言葉

攻撃してくる相手に、丁重に反撃する作法

理不尽で失礼な人間から自分を守るにはどうしたらいいでしょうか(写真 :プラナ / PIXTA)

強すぎる「いい人」欲求は自分の人生を追い詰める

私は2つの会社を経営していますが、いずれの会社もオフィスはもたず、従業員も雇わず、提携と外注だけで事業を運営しています。物理的にいらないということもあるのですが、「自由」な生き方をしたい、という思いが強いからでもあります。

自由とは何かというと、私は「物理的自由」と「精神的自由」とで構成されていると考えています。

物理的自由とは、「複数の選択肢から選べること」。複数の選択肢を得るためのひとつの方法は、おカネを稼ぐ力を高めることです。そういう意味もあり、私はこれまでもおカネに関する書籍をいくつか書いてきました。

そしてもうひとつの大切な要素が「精神的自由」です。これは「自分の感情が、他人からの影響や制約を受けないこと」を意味します。

精神的自由を得るためのひとつの方法が「いい人」をやめることです。いい人とは、他人の目を気にして、人から嫌われないよう、万人に好かれる行動をとる人のことです。もちろん誰でも持っている自然な欲求と行動であり、人から嫌われないことは平穏な生活を送るうえでも大切なことです。

しかし、その欲求が強すぎると、逆に自分の人生を追い詰める、損な生き方になってしまいます。

そこでこの記事では、精神的自由を獲得するためのひとつの手法として、「理不尽で失礼な人間を撃退する方法」をご紹介します。

次ページ私たちをイライラさせるのは……
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。