理不尽に苦しむ「いい人」が覚えるべき言葉

攻撃してくる相手に、丁重に反撃する作法

そもそも彼らは、自分が理不尽なことを言っていることに、まったく気づいていません。それどころか自分が正しいと思っています。自分は正しく、自分の考えとは違う人はすべて悪。だから自分の考え通りに他人をコントロールしようとし、反論しようものなら、さらに輪をかけて攻めてきます。

いわゆる、「炎上」を起こすのも、大抵こういう人たちです。

しかしそんなとき、「いい人」はびっくりして何も言えません。何か不愉快なことを言われたり、非難されたり、罵倒されたり、大声で怒鳴られたりすると、フリーズしてしまうのです。

自分は言われっぱなしで反論できず、相手は去っていく。そして家に帰ってから怒りがこみあげ、「なぜああ言えなかったのか」「悔しい」と悶々とするというわけです。

また、やられっぱなしの人は、当人は冷静な大人の対応をしているようでも、第三者から見れば頼りなく映ることもあります。そうした点からも、何の抵抗もしないというのではなく、理不尽な誹謗中傷には適切に反論したほうがいいのです。

「それで?」の連打で相手を退けろ

そこで比較的簡単に相手を撃退する鉄板フレーズが、「それで?」という質問で返すことです。

仮に「あなたのせいでしょう!」と言われても、「それで?」で返す。「責任を取れ!」と言われても「それで?」を繰り返すだけ。

「それで? じゃないでしょう!」と言われても「それで?」。「それで? しか言えないの?」でも「それで?」。

この「それで?」連続作戦は、「だから何?」「だからどうしろと?」「結局何が言いたいの?」と、相手の発言の理不尽さを浮き彫りにする効果があります。

途中で相手の発言にまじめに反論して墓穴を掘ってしまわないよう、あえて「自分はバカと思われてもいい。とにかく繰り返すだけ」と割り切って対処することです。

次ページ撃退ボキャブラリーを準備しておく
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。