理不尽に苦しむ「いい人」が覚えるべき言葉

攻撃してくる相手に、丁重に反撃する作法

また、言いがかりをつけて攻撃してくる人に対して穏便に対応しようとすると、彼らは調子に乗り、何度でもあなたを攻撃し続けるようになりかねません。いわゆる大人の間でも起こるイジメやパワハラです。

しかしそうした無神経な人に過度に配慮する必要はありません。関係が悪化しようと、そんな人物は退けたほうが、平穏で幸福な日常生活が送れるというものです。

そうした人間を撃退するセリフをあらかじめ用意しておくのです。たとえばいじめの加害者も、相手が抵抗してこないとわかっているから安心していじめるわけで、相手が本気で怒ると何をしてくるかわからないという不安があれば、いじめてこないでしょう。

参考までに、私が用意している撃退フレーズです。

参考にしたい「撃退フレーズ」

『「いい人」をやめれば人生はうまくいく』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「ずいぶんがっかりなことを言いますね」

「成熟した大人が言うセリフとは思えないですね」

「ずいぶん幼稚な反応ですね」

「あなたほどの人がその程度とは激しく落胆しますね」

「あなた、いくつでしたっけ? 何十年も生きてきてその程度ですか……」

「そんな子どもみたいなこと、言うのやめましょうよ」

もしそれで、「ケンカ売ってんのか!」と言われたら、

「あなたのことを心配しているだけなのに、被害妄想が激しいですね」と返す。「失礼だな、あなたは」と言われたら、「恐れ入ります。良薬は口に苦しと言われますから」と返す。

「生意気な奴だな」と言われたら、「そんな語彙しか持ってないなんて、残念ですね」と返す。

きついですか? でも、いいんです。相手のほうから「こいつとは関わりたくない」と思わせるためのフレーズですから。あくまで理不尽な人に対してですので、当然ながら、普段乱用するのは厳禁です。

ただし、明らかに挙動不審な人や、自分に何らかの危害を加えかねない人には何も反論せず、ただ無視してその場から逃げ去るのが無難です。

紹介したフレーズが効くのは、あくまであなたに対して理不尽で失礼な攻撃をしてくる「常識人」に対して、です。自分は他人につけこまれやすい「いい人」だという自覚がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?